みなさんこんにちは!Web担当です。

4月のある晴れた土曜日に、私たちコスモスは社員旅行に行って参りました。
行き先はそう、近年人気復活の熱海です。

今回はその、熱海への社員旅行の模様をお伝えします。

DSC_0002

大型連休前ですが熱海駅前はかなりの人出です。

DSC_0001

毎日のように何かの撮影や取材が行われているようですね。

DSC_0003

駅前の無料の足湯も大人気です。

DSC_0007

仲見世通り商店街もご覧の賑わい。両日ともにお土産やグルメを求める大勢の人で賑わっていました。

DSC_0008

いったん仲見世通り商店街を離れて県道103号線へ。こちらは地元の方向けの商店が建ち並んでいます。
おや、前方に見覚えのある背中が二つ・・・。

DSC_0010

呼び止めて道路脇のお店に入りました。わっ、おしゃれな雰囲気です。

DSC_0013

毎度おなじみ杉山課長と倉持主任でした。
社長以下他の社員は宴会の時間に合わせて三々五々やってくるようです。
ワインで乾杯!
DSC_0014

倉持主任、ワインが似合います。
実はこちらのバー、Web担当が熱海に行くたび毎回訪ねるお店です。
日中は「マスターが暇なら」開いているそうです。ラッキーでしたね。

DSC_0015


杉山課長、店内の様子が気になるらしくキョロキョロ・・・。

DSC_0016

ワインを飲みつつもどこかを凝視。

DSC_0018

最後までキョロキョロしていました。

DSC_0020

最近テレビや雑誌などで取り上げられたそうで、プリン専門店の店先には長蛇の列ができていました。

さて、せっかく熱海まで来たのだから、観光をしようと言うことで、目指すは・・・!

DSC_0021

こちらです。
まずはロープウェイで熱海上錦ヶ浦山頂に登って熱海の景観を一望の下に見てみようと言う事になりました。

DSC_0022

レトロクラッシックな外観のロープウェイ。
全面ガラス張りで景色を楽しむにはもってこいです。

DSC_0023

いざ、出発!

DSC_0025

ロープウェイは軽快に急斜面を登っていきます。

DSC_0026

順調順調。

DSC_0029


あ、あれ?減速中。
どうやらもう到着のようです。
説明によると熱海ロープウェイは「日本で一番短い観光ロープウェイ」だそうで、所要時間は約3分30秒、運行距離は公表されていないそうです。
タイトルなし


と言う訳で山頂駅に到着。しばし熱海市街の絶景を楽しみます。

DSC_0035


DSC_0038


遠くに初島や伊豆大島が望めます。
初島へ向かう定期船が気持ちよさそうに海を渡って行く様子が見られました。
来年は初島へ行ってみるのもいいでしょうね。

DSC_0040

山頂駅から外へ向かう階段の途中にそれはあります。
が、今回は前を通るだけで見学はいたしませんでした。本当です。
ポスターのキャッチコピーが秀逸ですね(笑)。

意外なことに、秘宝館へ若い女性たちが列をなして入っていくようでした。
もしかすると女性の方が秘宝館を好きなのかも知れません。

DSC_0045

熱海城は海抜100メートルの位置に建てられた外観5重内部9層の天守閣風鉄筋コンクリート建造物で、歴史的に実在した物ではないそうです。
ですが、この見事な姿を見ていると、建てた方の執念とこだわりが伝わってきます。
映画「キングコング対ゴジラ」や「大巨獣ガッパ」の舞台にもなったそうです。

DSC_0047

杉山課長と倉田主任、天守をバックに「攻め取ったり!」

DSC_0049

横浜では散ってしまっていた桜が、ここ熱海ではまだまだたくさん咲いていて、思いがけずお花見気分に浸ってしまいました。
きれいな海と快晴の空に可憐な桜の花が映えて気分は最高です。


DSC_0052

熱海城も威風堂々桜を見下ろして佇んでいます。

DSC_0053

訪れた人たちは思い思いにこの風景を楽しんでいます。
本当に幸運でした。
DSC_0054

桜の花越しに熱海港、サンビーチを見下ろします。
ここで錦ヶ浦山とはお別れです。
歩いて旅館を目指します。

DSC_0059

熱海の町には解体工事を途中で止めてしまったような古い建物がいくつか目に付きます。
中には、崖地に立っているため、古い建物の外壁を残し、そのまま擁壁として利用しているものもありました。
写真は取り壊した部分を時間貸しコイン駐車場として利用している建物です。
誰かが入り込んだり、子供が危険な遊びをしたりする心配はないのでしょうか。
少し気になりました。

monote_1

さて、本日のお宿はこちら、熱海聚楽ホテル月の栖(つきのすみか)。
(熱海聚楽ホテル月の栖ホームページから引用)
近年、社員旅行で毎回と言っていいほどお世話になっているこちらのお宿。
毎回、隠れ家的な落ち着いた雰囲気と豊かなホスピタリティマインドで迎えてくれます。

DSC_0062

部屋に付いてみると信田課長が一人。
どうやらゲームをしているそうです。
信田課長は高校生の娘さんとの接点をどうにかして持ちたいと、わざわざスマートフォンを使ったゲームを一生懸命やっているそうです。
涙ぐましい努力です(笑)。
DSC_0063

こちらの部屋は賑やかですね。
どうやらたばこを気兼ねなく吸うために自然と集まってくるようです。

DSC_0066

こちらは武石社長と菅原常務。
いかにも温泉宿、湯治場の雰囲気?を醸し出しています。

DSC_0067

と言う訳で宴会が始まりました。
今回は18名の希望者のうち7名が業務の都合などで来られなくなりましたので、ややさみしい人数ですが、美味しい料理に舌鼓を打ち、終始和やかに楽しく過ごしました。

DSC_0069

宴会場の窓からは熱海港が一望できます。
花火もここから見えるそうですよ。

DSC_0082

武石社長もリラックス。

DSC_0074

地元の美味しいお魚や野菜をふんだんに使った料理に満足。
私の一番のお気に入りは「土瓶蒸し」でした。

それではこの辺でさようなら。
続きは後編でお楽しみ下さい!