みなさんこんにちは、Web担当です。
今回は普段いる横浜を離れて、兵庫県神戸市の六甲山へ行ってきました。

DSCN5191
JR三宮駅からタクシーでおよそ30分、六甲山頂付近から神戸の街が見下ろせます。

六甲山は長さが東西方向に30km超にいたり、神戸の街を圧迫するかのようにそびえる連続した山です。
神戸あたりの人には北を示す天然のランドマークであり、毎日登山をする人がいるほど市民から親しまれている山です。


DSCN5181
今日は、この六甲山頂付近にある、とある研修センターにやってきました。

実は、昨年9月に外国人技能実習制度活用のためにベトナムとフィリピンに行きましたが、その後実際にわが社で取り組みをはじめることを決定したのです。
11月に担当者が再びハノイへ飛び、十数名の候補者から事前の学科テストで十名に絞り込み、体力テストと面接の結果3名の男子を採用しました。
合格者はその後、6ヶ月間以上ベトナム国内の送り出し教育機関において日本語と日本の生活文化を学び、日本側では制度の活用に必要な様々な書類の提出や届け出(技能実習機構、入国管理局他)を経て、ようやく6月の上旬に来日の運びととなりました。
そして、来日後最初の1ヶ月は実習機関(受け入れ企業)で就労することは出来ませんので(法の定めにより)、日本側管理団体の管理の下、合宿生活をしながら再度日本語と生活文化を学ぶのです。
今回は、その研修の様子を視察に行きました。

DSCN5186
担当者が到着した時は、次週の時間でした。真剣そのものの表情で日本語の習得に励んでいます。

DSCN5188
施設の定員は40名ですが、この日は22名の入所者がいました。わが社の実習生(男子3名)は日本語の上級クラスで勉強しています。

DSCN5189
日本人の講師が懇切丁寧に指導しています。しっかりした教育がなされており、職員のみなさんも愛情をもって実習生に接していました。
1ヶ月の研修が終わり、センターを離れる際には、別れを惜しんで泣き出してしまう実習生もいるそうです。

テキストは世界中で日本語の教材として使用されているという「みんなの日本語」。
「みんなの日本語」は非常に良く出来ていますが、改善すべき点も多いようで、休憩時間には先生方とその点についてひとしきり議論しました。

DSCN5183
お昼休みには所長から実習生まで全員揃って食事。
もちろん、食事の準備や配膳、後片付けまで訓練の一部です。

DSCN5184
わが社のホープたちも食欲満点でもりもり食べています。


DSCN5185
食事の後はお茶を飲みながら交流。
初めのうちは、恥ずかしさもありなかなか話してくれませんでしたが、だんだんと口も滑らかになって行きました。
6ヶ月間日本語学習を頑張ってきたんだなあと安心させてくれました。
実習生たちとはここでお別れです。

DSCN5190
帰りはほんの少し観光気分でケーブルカーに乗ってみました。

DSCN5193

外観も内部もクラッシックなたたずまいの六甲ケーブル山上駅。

DSCN5201

車体も駅もヨーロッパ風で可愛らしくまとまっています。
近頃は外国人の観光客にも非常に人気があるそうで、このケーブルカーが満席になることもあるとのことです。

DSCN5197
梅雨の晴れ間、山のすがすがしい空気の中、開放的な気分にひととき浸りました。
ですが、木々が茂っていてあんまり景色はみえません(笑)。

DSCN5200

ケーブルカーは谷筋に沿って作られているのでむしろ足下のほうが注目かも知れません。
谷を流れる小川からせせらぎとともに気持ちの良い風が届いていました。

7月にはわが社のベトナム人実習生が実際に着任して参ります。
お客様のところへも作業に参るかと思います。
まだまだ日本語能力も足りず、仕事を覚えるのもこれからですが、みな本当に明るくて真面目な若者たちです。
どうか温かい目で見守っていただけましたら甚だ幸いです。

彼らともども、ひたむきにプラスワンを重ねて参ります。
コスモスの未来にどうかご期待下さい。