4月14日夜から熊本県並びに大分県地方で続けて発生している一連の地震で、多くの方がお亡くなりになり、また、避難を余儀なくされている様子です。
お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、現在不便な暮らしを強いられているみなさまが、一日も早く落ち着いて暮らせる環境を取り戻されることを希望します。
私どもも、なにかお力になれることはないかと、現在、社内で協議中ですが、とりあえずは、日本赤十字社を通じて、各々募金活動をしようと話し合っております。

震度7という衝撃的な事態におののきつつ、同時に、過去の教訓を活かし、ハード、ソフト両面の 防災対策がしっかりと備えられていることも非常に頼もしく感じました。
一方建築面で倒壊建物などを見つめてみると、座屈したマンションの柱の鉄筋量(肋筋、主筋)が不足しているように見えたり、災害時に文字通り市民のよりどころとなるべき市役所に築50年の建物が使用されていたり、やや気になるところが目に付きました。

現在はとにかく、被災された方々の日常生活を取り戻すことが何よりの優先事項ではありますが、道路や建築物、インフラに関しては、さらに教訓を得て今後に活かせるようにしていただきたいと思います。

併せて、海の向こうで大地震に苦しんでいらっしゃるエクアドルのみなさまにもお見舞いを申し上げます。

i005_901