コスモスのblog

明日のその先へ、心地よい空間をいつまでも オフィス、住まい、環境 作るのも、守るのも、残すのも すべてわたしたちの仕事です。

みなさんこんにちは、Web担当です。
今回は普段いる横浜を離れて、兵庫県神戸市の六甲山へ行ってきました。

DSCN5191
JR三宮駅からタクシーでおよそ30分、六甲山頂付近から神戸の街が見下ろせます。

六甲山は長さが東西方向に30km超にいたり、神戸の街を圧迫するかのようにそびえる連続した山です。
神戸あたりの人には北を示す天然のランドマークであり、毎日登山をする人がいるほど市民から親しまれている山です。


DSCN5181
今日は、この六甲山頂付近にある、とある研修センターにやってきました。

実は、昨年9月に外国人技能実習制度活用のためにベトナムとフィリピンに行きましたが、その後実際にわが社で取り組みをはじめることを決定したのです。
11月に担当者が再びハノイへ飛び、十数名の候補者から事前の学科テストで十名に絞り込み、体力テストと面接の結果3名の男子を採用しました。
合格者はその後、6ヶ月間以上ベトナム国内の送り出し教育機関において日本語と日本の生活文化を学び、日本側では制度の活用に必要な様々な書類の提出や届け出(技能実習機構、入国管理局他)を経て、ようやく6月の上旬に来日の運びととなりました。
そして、来日後最初の1ヶ月は実習機関(受け入れ企業)で就労することは出来ませんので(法の定めにより)、日本側管理団体の管理の下、合宿生活をしながら再度日本語と生活文化を学ぶのです。
今回は、その研修の様子を視察に行きました。

DSCN5186
担当者が到着した時は、次週の時間でした。真剣そのものの表情で日本語の習得に励んでいます。

DSCN5188
施設の定員は40名ですが、この日は22名の入所者がいました。わが社の実習生(男子3名)は日本語の上級クラスで勉強しています。

DSCN5189
日本人の講師が懇切丁寧に指導しています。しっかりした教育がなされており、職員のみなさんも愛情をもって実習生に接していました。
1ヶ月の研修が終わり、センターを離れる際には、別れを惜しんで泣き出してしまう実習生もいるそうです。

テキストは世界中で日本語の教材として使用されているという「みんなの日本語」。
「みんなの日本語」は非常に良く出来ていますが、改善すべき点も多いようで、休憩時間には先生方とその点についてひとしきり議論しました。

DSCN5183
お昼休みには所長から実習生まで全員揃って食事。
もちろん、食事の準備や配膳、後片付けまで訓練の一部です。

DSCN5184
わが社のホープたちも食欲満点でもりもり食べています。


DSCN5185
食事の後はお茶を飲みながら交流。
初めのうちは、恥ずかしさもありなかなか話してくれませんでしたが、だんだんと口も滑らかになって行きました。
6ヶ月間日本語学習を頑張ってきたんだなあと安心させてくれました。
実習生たちとはここでお別れです。

DSCN5190
帰りはほんの少し観光気分でケーブルカーに乗ってみました。

DSCN5193

外観も内部もクラッシックなたたずまいの六甲ケーブル山上駅。

DSCN5201

車体も駅もヨーロッパ風で可愛らしくまとまっています。
近頃は外国人の観光客にも非常に人気があるそうで、このケーブルカーが満席になることもあるとのことです。

DSCN5197
梅雨の晴れ間、山のすがすがしい空気の中、開放的な気分にひととき浸りました。
ですが、木々が茂っていてあんまり景色はみえません(笑)。

DSCN5200

ケーブルカーは谷筋に沿って作られているのでむしろ足下のほうが注目かも知れません。
谷を流れる小川からせせらぎとともに気持ちの良い風が届いていました。

7月にはわが社のベトナム人実習生が実際に着任して参ります。
お客様のところへも作業に参るかと思います。
まだまだ日本語能力も足りず、仕事を覚えるのもこれからですが、みな本当に明るくて真面目な若者たちです。
どうか温かい目で見守っていただけましたら甚だ幸いです。

彼らともども、ひたむきにプラスワンを重ねて参ります。
コスモスの未来にどうかご期待下さい。



みなさんお久しぶりです。Web担当です!
年度末からゴールデンウィークにかけての忙しさからようやく解放された今日この頃です。

さて、そんな私ですが、去る5月12日(土)に、明治大学リバティホールで行われた日本ドラッカー学会主催の「ネクスト・ソサエティ・フォーラム2018」に参加して参りました。
5月のよく晴れた土曜日に、外で遊ぶのではなくお勉強ですが、午前10時から午後6時まで、多彩な講師の方々から大変有意義なお話を頂戴できました。

DSC_0604
明治大学リバティホールへは古本の街神保町から歩いてすぐ。


DSC_0603
さすがは一流大学さん。広々として快適な空間です。


DSC_0605
受付では、いつもお世話になっているキャリアコンサルティングの先生がお迎えくださいました。


DSC_0606
会場では多くの参加者が真剣な眼差しで講師の先生方のお話を聞いていました。


講義の内容としましては、
理事報告「人生100年時代におけるマネジメントの新しい使い方」 佐藤等先生(学会理事)
講演「ドラッカー教授 幻の最終授業」八木澤智正先生(キリン(株)事業創造部)
講演「5つの質問から読むいい会社」国永秀男先生((株)ポートエム代表取締役)
理事報告「21世紀におけるドラッカーの役割」阪井和男先生(学会理事)
基調対談「生産的な組織を作る」大島岳先生((株)シー・シー・アイ)×水迫洋子先生((株)スコラ・コンサルタント)
講演「『誇り』となる会社の作り方」蓬台浩明先生((株)都田建設代表取締役社長)
講演「良い言葉が良いキャリアを創造する」鮒谷周史先生((株)ことば未来研究所代表取締役所長)
講演「ドラッカーの人間主義的マネジメントーカント、ドラッカー、小林秀雄」菊沢研宗先生(慶應義塾大学商学部教授)
と言うかなりたっぷりした内容になっていました。
講演の中身はどれも大変素晴らしく、組織運営、自己マネジメントなどに興味のある方にはとても充足した1日になったのではないでしょうか。

私は、特に国永先生の「気を伐るのに忙しくて斧を研がない木こりの話」(実はこれは配布された小冊子に載っていたお話で、実際の講演では時間が不足してこのお話は出ませんでした。)、蓬台先生の「事業をサービス業と規定し直す事によって、『売るものがモノから事(プロセス)』に変わり、お客様の『体験、よろこび』に寄り添う事を可能にする」と言う発想、菊澤先生の「目的合理的組織にあっては他律的判断に陥り、損得計算原理や因果論的行動原理が横行し、責任の自覚無く、合理的に違法が行われたり、合法的に不条理がなされ、リスクを避けるためイノベーションが先送りにされてしまう。そこで自立的価値判断を重要視する、ドラッカー教授の人間主義的マネジメントが必要になる。」と言うお話に大変感銘を受けました。

閉会後は懇談会に参加し、多くの参加者のみなさま、講師の先生方、スタッフのみなさまと和気藹々と交流させていただきました。
この日、いただいたたくさんの知恵を活かし、今後も、お客様のためにひたむきにプラスワンを積み重ねてまいりたいと思います。





追記、懇談会でホンの少々お酒を頂きましたところ、うっかり電車を乗り越し、タクシー代を5千円ほど使ってしまいました。自己マネジメントはまだまだと言ったところですね笑!


 みなさんこんにちは!Web担当です。
昨日は(平成30年2月7日)は銀座Nikon Plazaへ、わが社のイメージ写真を撮影して下さった杉山雅彦さんの写真展へ行って参りました。
DSC_0004

DSC_0008

DSC_0009


DSC_0007

DSC_0010
わが社の写真もバッチリ掲示していただいております。
DSC_0006
写真家の杉山雅彦さん。
DSC_0014
わが社の杉山さんとの出会いはちょうど一年前、Web担当がNHKの番組で杉山さんの活動を見かけた事でした。
Web担当はその番組を見た途端雷に打たれたような衝撃を受け「これしかない!」と叫んでしまいました(笑)。
それ以来、様々な紆余曲折を経て、7月に写真撮影、去年の秋からホームページや人材募集広告などで活用させていただいております。
DSC_0021

DSC_0020

DSC_0015

会場にはたくさんの企業や団体の写真が展示されていました。
なかでも東京湾観光クルーズの運営会社さんの写真は巨大な上にアイデアも盛りだくさんのとても素晴らしい作品で、ひときわ来場者の目を引いていました。
DSC_0018
会場内ではプロジェクターでいろいろな作品のメイキングビデオも放送され、撮影現場の楽しい雰囲気が余すところなく伝わってきます。
DSC_0041
初日の昨日は展示終了後にパーティが開かれ、先ほどの東京湾クルーズ運営会社の社長様の音頭で乾杯です。
DSC_0043
社長様の素敵なお話しに杉山さんも感激しきりです。
DSC_0045
DSC_0050

DSC_0052

DSC_0058
その後は関係各位来場者で和気藹々と作品を見ながら歓談のひととき。
DSC_0068

DSC_0070
美女は集中的に撮っておきました(笑)。

会場には作品に「出演」した方々も多く訪れ、中には撮影時と同じ服装で来場した方もいらっしゃいました。
DSC_0076
写真と同じスパークリングワインを手に同じポーズでパシャリ。
なかなかのイケメンですね!
DSC_0088
宴の終わりには、杉山さんに作品を依頼した企業様、出版関係のみなさまからご挨拶がありました。

DSC_0112

DSC_0132

最後は杉山さんが写真への想い、Nikonのカメラに対する想い、同じく写真家で、つい先頃お亡くなりになられたお父様への想いを語って下さいました。
感動的なお話しに目頭が熱くなる思いでした。

お別れに来場者の方々と記念撮影。
DSC_0104

DSC_0142

DSC_0143


DSC_0146

Web担当も写真展に行くのは初めてのことでしたが、杉山さんの写真テーマ、お人柄のおかげで終始楽しい雰囲気で、とても素晴らしい時間が持てました。
杉山さん、あらためてありがとうございました。
なお、この写真展は来週火曜日(2月13日)まで開催されております。ご興味がおありのみなさまは、是非銀座7丁目10-1のNikon Plazaまでお運び下さい。(日曜閉館)



※当日のご来場者様の中で顔出しNGの方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。対応致します。

このページのトップヘ