コスモスのblog

明日のその先へ、心地よい空間をいつまでも オフィス、住まい、環境 作るのも、守るのも、残すのも すべてわたしたちの仕事です。

みなさんこんにちは!Web担当です。
今回は、去る6月1日に行われたわが社の安全衛生推進会の模様をお伝えします。

第11回目となる株式会社コスモス安全衛生推進会は、51名の皆さんの参加を得て、横浜市技能文化会館にて行われました。
DSCF4185

山尾取締役部長の開会の辞で始まります。
令和という新しい時代にふさわしく、フレッシュな気持ちで参加していただきたいとのお話でした。


続いて、武石社長からのご挨拶
DSCF4186


これからの時代は「熱中症は自分自身で身を守る」から、「仲間の身も守る」に考えをかえてほしい、お互いの見守りが何より大切であるとのお話でした。
また、日頃からの安全活動や店社安全パトロール活動に対して、わが社の得意先様である三進工業株式会社様より表彰を受けたことを報告してくださいました。

ここからは講師のみなさまによる安全講話の時間です。

DSCF4188

今回の講師のみなさま、右から

三進工業株式会社 安全衛生室
横山 一男様

三進工業株式会社 建設本部
課長 植田 諭様

三進工業株式会社 建設本部
課長 志田 賢司様

DSCF4190

初めに横山様より2018年の災害報告をご説明いただきました。
見聞違いによる災害事例
作業手順変更による災害事例
上下作業による災害事例
聞き間違いによる災害事例
等を解説していただきました。
まとめとして、「基本とルールを遵守することの大切さ」そして「聞き取り違いや勘違いは重大事故につながる」の2点を挙げられました。


DSCF4191


次に植田様より墜落制止用器具(フルハーネス等)についての法改正のポイントをご解説いただきました。
「法改正の概要」「墜落制止用器具本体」「墜落制止用具の選択」「仕様に関する特別教育」についてわかりやすくお話くださいました。

DSCF4198

最後に志田様より「既存安全帯(胴ベルト型安全帯)の強度実験」と「防護服の可燃性に関する実験」を実際の映像を交えてお話いただきました。
胴ベルト型安全帯の落下実験においては、80kgの錘を付けた安全帯を手摺建地に取り付け3メートルの高さから落下させると、ランヤードやアルミフックはどうなるのかと言うことを確認できました。
フックは著しい変形を生じ、ランヤードは断裂などが無かったものの、胴ベルトを通じて人体に掛かる衝撃が容易に想像され、参加者は衝撃を受けていました。
また、ポリエチレン不織布製の防護服の燃焼実験では溶断用バーナーからの火花による引火についての実証の様子を動画で視聴し、通常の作業環境における引火の可能性について十分な注意が必要であることを改めて認識しました。


DSCF4192

参加者は真剣な目つきで講話に聞き入っていました。

DSCF4197

講師のみなさまと社長以下スタッフ


DSCF4203

工事部信田課長からわが社の安全活動報告、並びに今年度の安全スローガンの発表がありました。
今年の安全スローガンは「ちょっと待て!それで良いのかその作業」です。
毎日の業務の中で、一つ一つの作業の安全について問い直そうという願いを込めて定められました。


DSCF4207

最後に、労務部望月部長から閉会の言葉がありました。
お忙しい中参加いただきました出席者のみなさま、お時間を割いて有用な講話を給わりました講師のみなさまへの感謝、今後の業務における安全衛生への思いなどを語ってくださいました。


DSCF4215

会議が終われば懇親会です。
出席者のみなさま、講師のみなさまに感謝の思いを込めて乾杯です。


DSCF4218

実習生も緊張を解いてリラックス


DSCF4219

労務部環境課のスタッフ

DSCF4221

早くも顔が赤いですね。

DSCF4223

ビルメンテナンス事業部の面々

DSCF4224

DSCF4225

望月部長と協力会社のみなさま


DSCF4226

時間がたつにつれ和気藹々と楽しい雰囲気になってきました。

DSCF4227

みんなで乾杯。明日の英気を養います。

DSCF4229


いつも陽気な信田課長。よほど山田君の事が好きなようですね。
夜も更けて、そろそろお開きの時間です・・・。

DSCF4234

仕事終わりの時間からの会でしたので大変お疲れのことだったと思います。
ご出席、本当にありがとうございました。
お疲れ様でした。






みなさんこんにちは!Web担当です。

今日は前回に引き続き4月に行われた社員旅行の模様をお伝えします。
前回は宴会の始まるところまでお伝えしましたが、いざ宴会が始まるとカメラマンがお料理をいただくのに夢中になり、そのうち酔いも手伝って写真を撮ることをすっかり忘れていたようです。

と言う訳で二日目の朝食から再開です。



DSC_0089

朝ご飯も地元産の干物や手作り豆腐、春らしくタケノコご飯など盛りだくさんです。
美味しいお料理とおもてなしに感謝!


DSC_0092

朝食会場の窓から今日も熱海城がこんにちは。手前は熱海後楽園ホテルですね。
朝食の後はそれぞれテレビを見たり、お風呂に入ったりとチェックアウトまでのんびりと過ごしました。

ホテルをチェックアウトし、たまたま残っていたメンバーで熱海を散策しようと言うことになりました。

まずは地元の神様にお参りと言うことで来宮神社にやってきました。


DSC_0098

この神社のあちこちに、記念写真をセルフタイマーで撮影するための台が設置されていてとても便利でした。
さすが熱海、観光客のニーズをしっかり意識していて勉強になります。

DSC_0099

さあ、行こう行こう。カメラマンは度々置いてけぼりに遭います。

DSC_0100

しきたりに従って手水を使い・・・

DSC_0103

しっかりとお参り。
武石社長はなにやら真剣に拝んでいます。

来宮神社は、和銅3年(710年)ごろ、熱海湾で漁師の網に木の根がかかることが続き、不思議に思った漁師がよくよく検めるとどうやら神像のようであったので、大切にお祀りしたことから始まったと言われ、日本武尊などを主な祭神としているそうです。


DSC_0113

境内には国指定の天然記念物大クスがあり、推定樹齢2000年以上という厳かな姿を見ることができます。
DSC_0118

そしてなぜか社殿の裏側へ回る道がウォータースライダーの様になっていました。
大雨の日にどんな風になるか見てみたいですね(笑)。


DSC_0124


本殿裏を流れる小川から涼しげなせせらぎが聞こえてきます。
少し汗ばむほどの陽気でしたが、ひとときの涼を与えてくれました。

DSC_0130

来宮神社は縁結びの神様とされていますので、境内にはおしゃれなカフェがあったり、可愛いお守りや流行の御朱印など様々に趣向を凝らしています。
まさに女子受け間違いなしの来宮神社ですが、今回のメンバーには少し似合いませんので、これまた境内にあります売店にて升酒を購入し、いただくことになりました。

DSC_0131

こちらの升酒はこの枡がお持ち帰りできます。これで800円とかなりお得な気分。
そして枡の角に熱海の海水から造った塩を盛って、木の香りを楽しみながらお酒をいただくわけです。さすがは木の宮ですね。
ちなみにこの枡を持って行けばおかわりは500円だそうです。今回はおかわりする人はいませんでした。

DSC_0132

静かでのんびりとした時間が流れていました。

DSC_0133

なにやらやにわに騒々しくなり、ふと見やるとテレビ番組の撮影が行われていました。
こういう所も熱海の人気復活の証でしょう。

DSC_0136


杉山課長が天狗を捕獲!

DSC_0137

DSC_0142

境内社の稲荷社を見つけて熱心にお参りします。

DSC_0143


来宮神社へのお参りを済ませ再び歩いて熱海駅周辺へ・・・。
ドイツ人建築課ブルーノ・タウトの設計による地下室を持つ旧日向邸別邸へと向かいます。

DSC_0145

道中に見つけた鬱蒼とした森を抱えるどなたかの大邸宅の跡地。
ここもマンションになってしまうのでしょうか。
最近熱海では、再び高級リゾートマンションの建築が何件かあるそうです。

是非はともかくもいろいろと考えながら旧日向邸別邸へ向かいます、が・・・。

DSC_0147

持っているのかいないのか、なんと旧日向邸別邸は改修工事のため休館中でした!
さりとて今さら別の目的地へも行けませんのでとにかく行ってみようと言うことになりました。

DSC_0149

あちこちキョロキョロ見回しながらようやく探し当てました旧日向邸別邸。
思った以上に普通の家です。
この建物の最大の特徴はタウトが設計した地下室ですが、外観からは地下室の様子を思い浮かべることすらできません。

DSC_0150

DSC_0152

仕方がないので玄関先の説明文を一生懸命読んでみました。

DSC_0153

外からかろうじてお庭の様子が見えたので失敬してパチリ。

DSC_0155

振り替えると今度はこちらの二人が一生懸命読んでいました(笑)。

DSC_0157

「良くわかんないね(笑)。」
「ですね(笑)。」

そのままどこへ行くともなく足の向くまま散策します。

DSC_0159


こちらにも広大な敷地を持つ廃墟のような土地が・・・。
どこかのお屋敷なのか。

DSC_0160

さる超巨大企業の保養所でした。
スケールの大きさに愕然とします。

DSC_0162

大企業の保養所のスケールに驚いている間にも社長は一人ずんずん歩いて行きます。

DSC_0163

DSC_0164

普段あまり見ないような風景が新鮮に映ります。


もうすぐお昼。
そろそろ歩き疲れ、お腹も空いてきたので・・・

DSC_0165

お昼ご飯です。
杉山課長が嫌がる社長を無理やり引っ張って入ったのは地元の有名なうなぎ屋さん。

DSC_0166

香ばしい馥郁たる香りにふわふわの白身、甘くコクのあるタレで焼き上げたうなぎは最高の味わいでした。
社長、すいません!

DSC_0168

最後は平和通り商店街をお土産を求めて見て回ります。
「天の川饅頭」で有名な和菓子の村上さんで、平安絵巻の屏風絵をうっとり眺める杉山課長。
「ほえ~。」と言う声が出ていました。
この絵には、いにしえの歌会合わせの様子や、牛車で外出する貴婦人、貴族の参内の様子、御簾の奥に鎮座まします帝の姿などが描かれており、じっくり見ると10分ぐらい過ごしてしまいます。
絵を堪能したら是非お菓子を購入しましょう(笑)。


DSC_0170

熱海には海産物や加工品のお土産もいっぱい。
社長が帰りのおつまみにと揚げたての天ぷらを買ってくれました。


DSC_0178


そんなこんなで無事に東海道線に乗り込み、仲良く帰路につきました。
帰りの車内でも話は尽きず、二日間の日程を最後まで楽しみ尽くしましたとさ。


と言う訳で楽しい社員旅行は終了。みなさん明日からしっかり業務に励んで下さいね!








みなさんこんにちは!Web担当です。

4月のある晴れた土曜日に、私たちコスモスは社員旅行に行って参りました。
行き先はそう、近年人気復活の熱海です。

今回はその、熱海への社員旅行の模様をお伝えします。

DSC_0002

大型連休前ですが熱海駅前はかなりの人出です。

DSC_0001

毎日のように何かの撮影や取材が行われているようですね。

DSC_0003

駅前の無料の足湯も大人気です。

DSC_0007

仲見世通り商店街もご覧の賑わい。両日ともにお土産やグルメを求める大勢の人で賑わっていました。

DSC_0008

いったん仲見世通り商店街を離れて県道103号線へ。こちらは地元の方向けの商店が建ち並んでいます。
おや、前方に見覚えのある背中が二つ・・・。

DSC_0010

呼び止めて道路脇のお店に入りました。わっ、おしゃれな雰囲気です。

DSC_0013

毎度おなじみ杉山課長と倉持主任でした。
社長以下他の社員は宴会の時間に合わせて三々五々やってくるようです。
ワインで乾杯!
DSC_0014

倉持主任、ワインが似合います。
実はこちらのバー、Web担当が熱海に行くたび毎回訪ねるお店です。
日中は「マスターが暇なら」開いているそうです。ラッキーでしたね。

DSC_0015


杉山課長、店内の様子が気になるらしくキョロキョロ・・・。

DSC_0016

ワインを飲みつつもどこかを凝視。

DSC_0018

最後までキョロキョロしていました。

DSC_0020

最近テレビや雑誌などで取り上げられたそうで、プリン専門店の店先には長蛇の列ができていました。

さて、せっかく熱海まで来たのだから、観光をしようと言うことで、目指すは・・・!

DSC_0021

こちらです。
まずはロープウェイで熱海上錦ヶ浦山頂に登って熱海の景観を一望の下に見てみようと言う事になりました。

DSC_0022

レトロクラッシックな外観のロープウェイ。
全面ガラス張りで景色を楽しむにはもってこいです。

DSC_0023

いざ、出発!

DSC_0025

ロープウェイは軽快に急斜面を登っていきます。

DSC_0026

順調順調。

DSC_0029


あ、あれ?減速中。
どうやらもう到着のようです。
説明によると熱海ロープウェイは「日本で一番短い観光ロープウェイ」だそうで、所要時間は約3分30秒、運行距離は公表されていないそうです。
タイトルなし


と言う訳で山頂駅に到着。しばし熱海市街の絶景を楽しみます。

DSC_0035


DSC_0038


遠くに初島や伊豆大島が望めます。
初島へ向かう定期船が気持ちよさそうに海を渡って行く様子が見られました。
来年は初島へ行ってみるのもいいでしょうね。

DSC_0040

山頂駅から外へ向かう階段の途中にそれはあります。
が、今回は前を通るだけで見学はいたしませんでした。本当です。
ポスターのキャッチコピーが秀逸ですね(笑)。

意外なことに、秘宝館へ若い女性たちが列をなして入っていくようでした。
もしかすると女性の方が秘宝館を好きなのかも知れません。

DSC_0045

熱海城は海抜100メートルの位置に建てられた外観5重内部9層の天守閣風鉄筋コンクリート建造物で、歴史的に実在した物ではないそうです。
ですが、この見事な姿を見ていると、建てた方の執念とこだわりが伝わってきます。
映画「キングコング対ゴジラ」や「大巨獣ガッパ」の舞台にもなったそうです。

DSC_0047

杉山課長と倉田主任、天守をバックに「攻め取ったり!」

DSC_0049

横浜では散ってしまっていた桜が、ここ熱海ではまだまだたくさん咲いていて、思いがけずお花見気分に浸ってしまいました。
きれいな海と快晴の空に可憐な桜の花が映えて気分は最高です。


DSC_0052

熱海城も威風堂々桜を見下ろして佇んでいます。

DSC_0053

訪れた人たちは思い思いにこの風景を楽しんでいます。
本当に幸運でした。
DSC_0054

桜の花越しに熱海港、サンビーチを見下ろします。
ここで錦ヶ浦山とはお別れです。
歩いて旅館を目指します。

DSC_0059

熱海の町には解体工事を途中で止めてしまったような古い建物がいくつか目に付きます。
中には、崖地に立っているため、古い建物の外壁を残し、そのまま擁壁として利用しているものもありました。
写真は取り壊した部分を時間貸しコイン駐車場として利用している建物です。
誰かが入り込んだり、子供が危険な遊びをしたりする心配はないのでしょうか。
少し気になりました。

monote_1

さて、本日のお宿はこちら、熱海聚楽ホテル月の栖(つきのすみか)。
(熱海聚楽ホテル月の栖ホームページから引用)
近年、社員旅行で毎回と言っていいほどお世話になっているこちらのお宿。
毎回、隠れ家的な落ち着いた雰囲気と豊かなホスピタリティマインドで迎えてくれます。

DSC_0062

部屋に付いてみると信田課長が一人。
どうやらゲームをしているそうです。
信田課長は高校生の娘さんとの接点をどうにかして持ちたいと、わざわざスマートフォンを使ったゲームを一生懸命やっているそうです。
涙ぐましい努力です(笑)。
DSC_0063

こちらの部屋は賑やかですね。
どうやらたばこを気兼ねなく吸うために自然と集まってくるようです。

DSC_0066

こちらは武石社長と菅原常務。
いかにも温泉宿、湯治場の雰囲気?を醸し出しています。

DSC_0067

と言う訳で宴会が始まりました。
今回は18名の希望者のうち7名が業務の都合などで来られなくなりましたので、ややさみしい人数ですが、美味しい料理に舌鼓を打ち、終始和やかに楽しく過ごしました。

DSC_0069

宴会場の窓からは熱海港が一望できます。
花火もここから見えるそうですよ。

DSC_0082

武石社長もリラックス。

DSC_0074

地元の美味しいお魚や野菜をふんだんに使った料理に満足。
私の一番のお気に入りは「土瓶蒸し」でした。

それではこの辺でさようなら。
続きは後編でお楽しみ下さい!







このページのトップヘ